f:id:munosan:20150212192301j:plain
 万年筆について、はてなブログでも、たくさんのブロガーが取り上げています。文具メーカーのもいいですが、遊びがないですね。

 重宝するのは、付録がいいです。付録とはいえ、使い込むと馴染んでくる。

それぞれ色違いにして”色万年筆”としてつかっています。

 遊びで、面白いです。

 手紙にも、折々にまかせて気分によって書くと喜ばれます。

 スタンダールの赤と黒、梶井基次郎の檸檬にちなんだ黄色、オールウエイズのオレンジ、サライの黒・・・まだまだあるけど。